株式会社KYAファーマシー

コード:158705株式会社ケイワイエーファーマシー

  • 形態: 一般病院門前/ 医院・クリニック門前/ 在宅(居宅支援)
  • エリア:愛知県名古屋市、北名古屋市

M・Tさん|

患者さまとの何気ない会話に喜びを感じます。

患者さまとの何気ない会話に喜びを感じます。

私は入社4年目、別の薬局から転職してきました。KYAはひとり一人が考え、自ら行動する社風で、おおらかで明るい雰囲気の会社だと感じています。

 

私がどうして薬剤師になったかというと、ちょっと変な動機なんですが…。
高校の同級生が薬剤師を志望していて「その子が言うならまちがいない」と、自分も薬剤師を目指すようになりました。
薬学部に進んでみると、高校までと違って勉強が大変。どれだけ勉強しても、なかなか覚えられずに苦労しました。けれど国家試験には、1回で合格しましたよ。 

 

働き始めてからは、いろんな患者さまがおられるので、正直たいへんだと感じることもあります。でも病気を克服しようと努力されている患者さまの姿を見ると、何とかして力になりたいという気持ちがわいてきます。
おとなりのかわな病院は、透析もされているのですが、患者さまには想像を超えるたいへんさがあるのだろうと、自分でも腎臓のことを調べたりしています。

 

薬剤師になった動機は「友だち」でしたが、今は「働けなくなるまで、この仕事を全うまっとうしよう」と考えています。
そのためにもメーカーさんを招いての勉強会や、研修会に個人的に参加したり、医療雑誌を読んだりして、日々勉強を怠らないようにしています。

 

服薬のことは薬剤師の役割ですが、薬についての知識を押しつけるだけでは、医療者とは言えません。安心して飲んでもらえるよう、お薬だけでなく、病気のことや日常生活についての会話を大切にしています。
患者さまからの質問にお答えして、納得して満足してもらったり、良いコミュニケーションがとれた時には達成感がありますね。
以前の職場では患者さまに「こうしてあげたい」と思うことがあっても、時間がなくて出来なかったのですが、ここではひとりずつに時間がかけられます。
将来的には、認知症などで薬をきちんと飲めているか心配な方や、高齢で薬局に来るだけでもたいへんな方に、自宅で薬の管理をしてあげられたらいいなと思います。 

 

学生の皆さんには「つらいからと言ってすぐ転職するより、もうひとがんばりすること」が大事とお伝えしたいです。そうでないと見えてこないものがあり、そこから得るものもたくさんあります。
何事も経験です。がんばっているうちに、自分の思いに気付くこともあります。それでもちがうと思ったら、そのとき変わっても遅くないと思います。

 

オフは子どもと過ごすのが楽しみ。今は時短勤務させてもらっているので、子どもとの時間を大切にできています。
将来、もしも娘が薬剤師になりたいと言ったら応援しますね。そして私と仕事のことで、情報交換できたら素敵だと思います。

OB/OGの声一覧

この求人へのお問い合せ

法人名
株式会社KYAファーマシー
担当者名
田中
住所
〒461-0002
愛知県名古屋市東区代官町34番28号
電話番号
052-936-5831
URL
http://www.kya-p.co.jp/
お問い合わせ
e-mail
info@kya-p.co.jp