蘭調剤薬局グループ

コード:150219ランチョウザイヤッキョク

  • 形態: 一般病院門前/ 医院・クリニック門前/ 在宅(居宅支援)
  • エリア:東京都(板橋区/練馬区/葛飾区/北区) 千葉県(松戸市/市川市) 埼玉県(越谷市/春日部市/富士見市/三芳町)

渡邊 龍太|日本大学

感謝の気持ちを忘れずに・・・

感謝の気持ちを忘れずに・・・

悩みを共有できる仲間たち

1997年に蘭調剤薬局に入社し、はや19年目になります。

大学を卒業し、新卒でメーカーに就職しましたが、地に足を付けて働ける仕事をしたいと思い調剤薬局に転向しました。数ある調剤薬局から蘭調剤薬局を選んだのは、第一に会社の雰囲気が明るかったからです。それは働いて19年になる今でも変わりませんね。これまで仕事のことで悩んだり、壁にぶつかったりすることもありましたが、上司や周りの仲間が手を差し伸べてくれました。悩みが共有でき、相談しやすい環境は入社してからもずっと続いています。

 

入社当時は教育体制は今ほど整っておらず、スキルや知識などは先輩社員から目で見て盗んで覚えていったという記憶があります。今は教育体制も整い、新しく入社したスタッフも確実に成長できる環境がありますので、未経験の方や新卒の方にも安心して働いてもらえますよ!

 

これまで薬剤師として長く働いてきましたが、私にとって薬剤師のやりがいは患者様のお役に立てると実感できることです。

患者様には医師や看護師にも相談できない悩みを抱えていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。そんな患者様との垣根を無くし、話しやすい環境を整え、地道な信頼関係を積み上げることで、その悩みを相談して頂けたときはとても嬉しく思います。そしてその悩みに対して親身になってアドバイスをし、それが解消され患者様がほっとした笑顔を見せて下さったときには『薬剤師になって本当によかった!』と感じます。

私は現在薬局長を務めておりますが、スタッフの皆が気持ちよく仕事ができるように環境を整えることも私の役目です。

患者様へはもちろん、スタッフの皆への感謝の気持ちを忘れず、患者様が気軽に立ち寄りたくなるような明るい薬局になることを常にを心掛けています。

 

今の薬学生さんは6年間勉強をして、とても優秀だと思います。私の学生時代はまだ4年生だったので、2年間長く勉強して知識も豊富だと思います。大学では知識の習得がメインだと思いますが、社会人になると実践になります。実践を通じて、大学では学ばなかったことや分からないこともたくさん出てきます。そんなときに自ら学んでいこうという気持ち次第で薬剤師としての成長度が大きく変わります。自ら学ぼうという姿勢は一番の成長に繋がります。また、何のために薬剤師になりたいか?ということを思い描くことも大事ですね。医療に貢献するため、自分のやりがいのため、お金のため・・・ 人それぞれ薬剤師になる理由は異なると思いますが、薬剤師になりたい理由を、一度立ち止って考えてみてはいかがでしょうか?はっきりした理由を持っていれば、自分がなりたい薬剤師に近づけるはずです。蘭調剤薬局では、みなさんがなりたい薬剤師に近づけるように全力でバックアップします。蘭調剤薬局の若い担い手として頑張りたいという方を応援します!

OB/OGの声一覧

この求人へのお問い合せ

法人名
蘭調剤薬局グループ
担当者名
【採用事務局】中村(新卒者担当)/石川・鍋島(既卒者担当)
住所
〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-26-4南池袋平成ビル4F
電話番号
03-5928-3650
URL
http://www.rangroup.jp/
お問い合わせ
e-mail
【新卒者】n.nakamura@rangroup.jp/【既卒者】ishikawa@futurecommu.co.jp