株式会社KYAファーマシー

コード:158705株式会社ケイワイエーファーマシー

  • 形態: 一般病院門前/ 医院・クリニック門前/ 在宅(居宅支援)
  • エリア:愛知県名古屋市、北名古屋市

医療を通じて社会貢献にチャレンジ!自分の枠を飛び越えて飛躍できる会社です。

ようこそ、KYAファーマシーのページへ。私たちは、まだ新しい会社なので新卒採用は今年初めてさせて頂きます。そのことを不安に感じる方もおられるかもしれません。
しかし小さい会社だからこそ、いろいろなことにチャレンジできます。独立開業の支援もします。


在宅医療に力を入れていますので、早くから現場で経験を積み、より発展させていくこともできます。


当社では患者さまへの説明にタブレットを導入していますが、これもチャレンジのひとつです「やってみたい」から「やってみよう」への決断は早いです。
若い皆さんに「入社して良かった」と言ってもらえる会社にしていきたいと考えています。


就職活動中の皆さんには「人生は一度きり、楽しんだもの勝ち」とお伝えしたいですね。
若いうちに挑戦したことが人生の糧となり、将来自身の財産になることと思います。失敗を恐れずにチャレンジしてください。

プロフィール

KYAファーマシーは、名古屋地区で2店舗を展開する調剤薬局です。
開業以来「地域の方に、健康で幸せな日々をお届けしたい」思いと、街の「かかりつけ薬局」としてお役に立てることを願い続けています。

 

すべての社員が、質の高い医療人であり、いつも「患者さまのために」と考え、自身のスキルアップを怠らず、薬のプロフェッショナルとして質の高いアドバイスができることを目指しています。
 医師からも患者さまからも勿論その他の医療関係者全てに必要とされることが私たち薬剤師の使命と考えます。


目標達成の為の方策として、当社では次の点を大切にしています。
1 社員を大切に
会社の発展は、社員の満足と成長にあるという考えのもと、ひとり一人の社員を大切しています。


2 医療機関とのパートナーシップ
地域の医療機関との信頼関係を構築し、地域社会の健康を担う一員になることを目指しています。


3 医療提供施設としての高い専門性 
在宅医療に積極的に取り組み、薬のプロとして他職種と協力しながら、可能な限り最適な医療を提供していきます。


社長である私が薬剤師になったのは、人に尽くすことができ、直接感謝される仕事に就きたいという思いから。

以前の会社で新規店舗の立ち上げや、役員としての業務、スタッフの管理や指導などの経験を積んできましたが、2013年、縁あって起業することになりました。 


就職してから約20年、薬剤師としても社会人としても、業界全体が見えるようになってきたころでした。
学生時代に思い描いていた「組織の中での役割を中心とした仕事でなく、薬剤師としてやりたいと思ったことを実現したい」と起業への思いが芽生えてきました。


知人から調剤薬局2店舗の譲渡の話を聞き、不安もありましたが、そこで働いていたスタッフを知っていたということもあり思い切って独立。
「患者さまの為にやれることをすぐに実行したい」という思いを周りの人たちに伝えていたので、チャンスに巡り会うことができたのです。


経営者になると、自分が社員やその家族を守らなければなりません。
一方で社員はもちろん、自分の家族、友人など多くの人に支えられ、理想の薬局作りに邁進しています。


現在は2店舗の小さい会社ですが、在宅業務に力を入れています。
今後もチャンスがあれば店舗数を増やし、地域医療のネットワークをつくり、患者さまだけでなくご家族の健康もサポートしていければと考えています。


年間1店舗の新規オープンを目指しているので、若いうちから店長を任されるチャンスもあります。私は「会社は世襲するものではない」と考えているので、役員はもちろん社長になれる可能性もあります。


土台はしっかり固めながら、急がず成長していきたいと考えています。

ビジョン

この会社のことを知っていただくために、社長・田中彰人の半生とビジョンをお話しさせていただきます。


私(田中)は、化学と実験が大好きな学生でした。大学では得意の化学を活かして薬学部に進学し、薬品作用学を専攻。認知症の薬の研究をしていたゼミで、とても充実した研究生活ができました。
しかし将来の職業を考えたときに、人と人との係わりを持てる仕事のほうが、自分には合っているのではないかと思い、薬を通じて直接人々の役に立てる薬剤師の道を選びました。


病院で働くという選択肢もありましたが、調剤薬局のほうがより日常に近いと考え、研究室の教授が勧めてくれた東海地区の調剤薬局に就職しました。
現場に立ってみて、毎日患者さまと顔を合わせ、感謝される実感が得られる素晴らしい仕事だと感じました。*社長になった現在も、窓口に立って患者さまと接しています。


薬剤師になって1年目は、1日に400枚以上の処方せんを扱う医療モール内の店舗に配属されました。
取り扱う薬も約2000品目と多く、どこに何の薬があるかを覚えるだけでもたいへん。そのころは薬袋も手書きで、毎日の仕事を何とかこなすという毎日でした。


2年目に異動した先では着任早々在庫管理を任され、処方せん枚数の減少や管理薬剤師の退職により、後任の管理薬剤師にまだ2年目の私が抜擢されました。
管理薬剤師になってからは、スタッフに厳しくするばかりでなく、長所を伸ばすような指導を心がけました。また患者さまの顔と名前を必死で覚えているうち、徐々に患者さまの数も増えてきました。


人と人が支え合ってこそ仕事は成り立ちます。まずは自分ができることをする。見返りを求めず与え続けることの大切さは、このころの経験から学びました。


患者さまに来ていただけるのは、あたり前のことではなく貴重なこと。薬を出すだけならどこでも同じです。何か付加価値をつけないと、選んではいただけません。
行きつけのレストランのように、私たちの薬局をお馴染みの場所にして欲しい、患者さまとの距離を縮めたいと思っています。以前の会社で別の店舗に転勤になったとき、わざわざ挨拶にきてくださる患者さまがおられ、感激したこともありました。 


薬局で最も大切なソフト面では、すべてのスタッフがおもてなしの心をもって、やさしく、あたたかいサービスを提供することが基本。誠実にやれば相手の心はつかめると信じています。


人とのつながりを大切にしながら、人間として大きく成長していくことが、患者さまに選ばれ続ける薬局になれるたった一つの方法だと思っています。

この求人へのお問い合せ

法人名
株式会社KYAファーマシー
担当者名
田中
住所
〒461-0002
愛知県名古屋市東区代官町34番28号
電話番号
052-936-5831
URL
http://www.kya-p.co.jp/
お問い合わせ
e-mail
info@kya-p.co.jp